アルバイトでキャッシングを利用する時の注意点と審査に通りやすいポイント

フリーターなどのアルバイト雇用で働いている人の中には、
収入が月によって違うので生活が厳しい時もあるという悩みを抱えている人も少なくありません。

 

私も大学生時代は親から仕送りを貰わずにアルバイトだけでやり繰りをしていたため、
給料日前の金欠を経験したことが何度もあります。
こうしたお金のピンチを乗り切るのに最良の選択がキャッシングです。

 

友人にお金を借りたりアルバイト先で前借りをしてしまうと、
お金にだらしない烙印を押されてしまうこともあります。

 

消費者金融からの借入であれば、
誰に迷惑を掛けるわけでもないので安心です。

 

とはいえ、金融会社も慈善事業でやっているわけではないので、
希望をすれば誰にでも貸すということはありません。

 

 

 

アルバイト雇用でキャッシングを利用する上で重要なポイントとなるのが勤続年数です。
アルバイトは正社員と違って雇用が不安定のため、
これを理由に借入審査で落とされてしまうこともあります。

 

審査基準は金融会社によってそれぞれ違っていて、
問い合わせても教えてもらうことはできません。

 

私の経験上、3ヶ月以上同じ所で勤務をしていればこの点はクリアーできるようです。
業者の中には勤めてから数週間でまだ一度も給料を貰っていない状態でも問題ないという所もあります。

 

しかし、審査が甘すぎる所は金利が高かったり支払いが遅れた時のペナルティが厳しいなどの条件が設定されていることも多いので、できれば避けた方がいいです。

 

 

 

もう一つ注意しなくてはいけないのが虚偽の申告です。
法改正によって現在キャッシングの借入上限は収入の1/3までと決められています。

 

そのため、収入が少ないアルバイトの人は借りられる上限も低めに設定されてしまうのは否めません。
中には多くお金を借りたいからと言って申込用紙に嘘の収入を記載する人もいますが、
厳正な調査によって必ずバレます。

 

虚偽の申告は審査に落とされるだけでなく、
詐欺未遂で罪に問われることもあるので絶対に行ってはいけません。

 

私も申し込みをする時にこの考えは頭をよぎりましたが、
こんなことで捕まりたくないという思いで踏みとどまりました。

 

返済の遅れなどがなく誠実な利用を心掛けていれば上限を引き上げてくれることもあるので、
最初は少なくても我慢することが大切です。